HOME > 家族葬とは
セミナー情報
家族葬の優花ブログ

家族葬とは


一般葬と違う良いところ


  • * 家族・親族・親しい知人のみの葬儀で、義理での参列がないのでゆっくりお別れができ、気兼ねがいらない
  • * 華美で高額な葬儀でなく、シンプルでエレガントな葬儀で葬儀費用に無駄がなく、低価格で葬儀が行える。
  • * 会社関係・町会などに声をかけないので、準備や手配が煩雑にならない。
  • * 葬儀の内容・段取りをご家族が十分理解され、ご家族がすべてを決定して進めていかれる。

一般葬との形式的な違い

1. ご香典の辞退
家族や親族、故人と本当に親しかった方のみの葬儀なので、ご香典を辞退されるケースも多いです。
2. 会葬礼状なし
会葬者も少なく、身内ということもあり、作られないことが多いです。
3. 通夜供養・葬儀供養なし
会葬者も少なく、身内ということもあり、用意されないケースも多いです。
4. 名木を立てない
名木とは、「故○○○○の葬儀 告別式  式場」と書いてある式場前の看板です。これも立てないケース多いです。
5. 黒の霊柩車でなく、白の寝台車での出棺
出棺間際の時間になると、式場横には、霊柩車を停めますが、近隣に、目ただないように配慮される方も多く、
白の寝台車を希望され出棺される方も多いです。
6. 指差し看板を出さない
会場設営においても、指差し看板(式場までの道順指示看板のこと)も出されないケースが多いです。
忌紙も張られらいこと多いです。
7. 棺を縦に置き、周りを椅子で囲む配置
通常の祭壇でのお棺の配置ではなく、ひつぎを縦に置き、周りを椅子で囲むスタイルで配置することもある。
8. ご納棺をご家族を交えてするケースが多い
遺族の満足度と葬儀費用は、決して正比例するものではありません。ブロードバンドの時代だからこそ、良心的で低価格な家族葬を行ってくれる葬儀社の情報を収集し、人生最後のセレモニーを後悔しない葬儀にしたいものです。

大阪府内|大阪市内|住吉区|東住吉区|平野区|八尾市|柏原市|松原市|羽曳野市|城東区|鶴見区

このページのTOPへ

© 家族葬の優花