HOME > 家族葬とは > 家族葬式のスタイル
セミナー情報
家族葬の優花ブログ

家族葬式のスタイル


儀式なし(火葬のみ)
宗教者・僧侶・牧師などを呼ばずに、ご自宅や斎場の霊安室でご安置し、
その後、火葬場に搬送しお別れするタイプです。火葬には、死後24時間経過していることが法律で決まっています。
24時間の安置の間に、故人とのお別れのひと時を過ごします。
お別れ会
お茶とケーキ、故人の好きだったワインとお料理など自由な形式でのお別れです。
葬儀を親族のみで行い、そののち、ホテルやレストランでお別れ会・偲ぶ会を開かれることもあります。
会場によっては、遺骨は構わないが、ご遺体は搬入できないとか線香はだめで、
献花とか様々な条件・制約があることもありますからよく確認してください。
家族葬
宗教者を呼んでの家族葬、無宗教の家族葬スタイルは様々ですが、会場に棺を縦向きに置き、
そのまわりに椅子をならべ、お棺を囲む形でセッティングする、
家族葬ならではの配置で行うことも、最近ではよく見かけるようになりました。

大阪府内|大阪市内|住吉区|東住吉区|平野区|八尾市|柏原市|松原市|羽曳野市|城東区|鶴見区

このページのTOPへ

© 家族葬の優花