HOME > 後悔しない葬儀 > 病院手配の寝台車は危険?
セミナー情報
家族葬の優花ブログ

病院手配の寝台車は危険?

亡くなれたら、病院が寝台車を手配してくれるところもあります。
病院と提携している葬儀社は、病院に対して多額の寄付をしている業者が多いです。
例えば、救急車を寄付したり・・・・・

当然、それらは依頼者の葬儀費用にかかってきます。
金銭のやり取りが発生しているゆえに、
とても強引な病院、寝台車があるのも事実です。


もし葬儀社が決まっていなくて、とりあえず病院の寝台車に乗ってしまっても、寝台料金だけ支払って、
葬儀の段取りは、その後落ち着いて考えるべきです。


事例1

大阪のホスピス病棟でのお話ですが、入院時に「指定の寝台車ででます。」という署名まで取られたそうです。

亡くなられたとき、指定の寝台車に乗りましたが、病院を出てすぐ「こんなときに何なんですが・・・・」と、
お葬式の営業が始まりました。

家に帰ると、もう葬儀社の方が待っていました。、 待ち伏せ隊と、寝台車の見事なまでの連携プレイがありました。 そこで強引な葬儀の売込みが始まります。

事前に相談を受けていて、適切なアドバイスを受けていたので、 毅然として態度で強引な営業も振り払われましたが、  あくまで、事前に心準備が出来ていたからできたことです。
もし事前相談がなければと思うと、心配なケースです。


事例2

亡くなられてまもなく、婦長さんが一枚の紙を持ってこられました
その用紙には「亡くなられたら、指定の寝台車でないと出れません」と書かれていました。

どうしたものかと電話してこられ、「故人の遺言で遺言でもう葬儀社決まっています。」と断ってもらいました。

真夜中の1時か2時のことでした。
あわてて迎えにいきましたが、そこでゾッとする光景をみました。
病院が提携する葬儀社の寝台車が、病院前に張り付いているのでした。

なぜこんなにも、強引な病院側の態度があるのか初めて理解できました。

そこまでして顧客を獲得するのですから、このケースも当然、葬儀費用に跳ね返ってきます。

この方の場合も、お迎えに行き事なきを得ましたが、やはり危険で、
亡くなられてショックな遺族の方が、どこまで冷静に対応できるとは疑問です。


事例3

おばあちゃん1人が病院で付き添っていて、家族の方はまだ来られてなくて、病院手配の寝台車に乗ってしまい、
いずれも、互助会や大手の葬儀会館に遺体とともに運ばれてしまった。 というケースです。

病院が提携している寝台車に乗ってしまうと、その葬儀会館に 運ばれてしまいます。
特に遺体を安置する場所がない場合、そうなることが多いです。

そんなときでもあきはらめず、冷静に対応して下さい。
まず見積書をもらい、自分の予算を大幅に超えている場合、インターネットや電話帳、人を介してなど様々な方法で、
予算内で終わるところを探し、会館に 予算大幅オーバーなので、かわりたい意向を伝えます。
大手の会館は以外に紳士的に応じてくれます。

大阪府内|大阪市内|住吉区|東住吉区|平野区|八尾市|柏原市|松原市|羽曳野市|城東区|鶴見区

このページのTOPへ

© 家族葬の優花