HOME > 後悔しない葬儀 > 見積書の見方 適正価格
セミナー情報
家族葬の優花ブログ

見積書の見方 適正価格

まず、家族葬に必要なもの、どちらでもいいものを把握します。

料金設定は、各社様々ですが、パック料金になっている場合や、それぞれの単価になっている場合があります。

葬儀社側は、葬儀備品の原価に、サービス業としての価値を付加して値段設定します。
24時間体制で待ち受けなければならないなど、人件費がかさむこともありますので、
それを考慮して値段設定しています。


参考見積り

品質・価格は物によって違います。 家族葬で使われる平均相場です。

  • 花祭壇 150,000円~300,000円 
  • 棺 30,000円~100,000円
  • 仏衣 10,000円~30,000円
  • ドライアイス 綿花 5,000円~10,000円
  • 寝台車 15,000円  距離時間帯によって違う
  • 霊柩車 30,000円~50,000円 車種と距離によって違う
  • 枕飾り 10,000円~30,000円
  • 位牌 3,000円~100,000円
  • 遺影写真 15,000円~30,000円
  • 骨箱 3,000円~10,000円

自宅に戻れない遺体の場合

病院や施設でなくなられ、自宅に戻れない場合、失敗が起こりやすいです。

亡くなられるとは覚悟していても、突然だった場合、よく調べないまま電話してしまうことがあります。

一泊預かってもらっただけで、15万円も請求されたケースもあります。

大阪市内にはご遺体のサポートセンターもありますし、
市立斎場の式場が空くまでの一時預かりも、家族葬の優花では行っています。

ご自宅に帰れない遺体の場合、もしもの時どこに安置をお願いするか、安置してくれる業者はどこか?
など、電話番号くらいは、身につけておく必要があります。
特に夜中に亡くなられた場合、困ることよくあります。

地域の集会所の希望場合、何時まで鍵を開けてくれるのか? 鍵は誰が持っているのか?夜中はどうするのか?
など調べておく必要あります。


アドバイス

大阪市の式場は、深夜・夜間は入れません。ご自宅に帰れない場合は、家族葬の優花でお預かりすることになります。

瓜破斎場の近くは、平野八尾家族葬の優花にて、24時間体制でお預かりできます。

以上 参考にして下さい


大阪府内|大阪市内|住吉区|東住吉区|平野区|八尾市|柏原市|松原市|羽曳野市|城東区|鶴見区

このページのTOPへ

© 家族葬の優花